ブログ カレンダー

« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

カテゴリ一覧

コメント

最新のトラックバック

アンチPTAブログ - 最新エントリー

CAPと政治

カテゴリ : 
kumaの暴言
執筆 : 
kuma 2007/6/8 6:06
CAPは、「政治とは無関係で~す」と言っているのかと思っていたが、どうもそうではないらしい。

ほんむら久美子という人がいる。ウェブサイトもある。(ググれ!)
そこのプロフィールをみていて、「おや?」と思った。

CAPプログラムに出会ってCAPスペシャリストの資格を取得し、市民活動団体のメンバーになったそうである。
子どもへの暴力・虐待に関わる活動の中(こりゃ、CAP活動でしょうね)で、政治に関する関心が高まったそうである。
で、2年前の都議会議員選挙に立候補しているのだ。

「CAPスペシャリストは、子どもたち自身が人権意識をしっかり持ち、暴力から自分を守るための知識や技能(スキル)を持つことを願って」いるのだそうだが、なぜ政治力が必要なのだろうか。
ひょっとして、CAPプログラムを「行政から支援を受け」たいことを目的に、政治活動をするのだろうか。

う~む。

謎だらけのCAP

カテゴリ : 
kumaの暴言
執筆 : 
kuma 2007/6/8 0:06
いろいろググっていると面白い発見があるものだ。

高里鈴代という方を発見。沖縄県の那覇市議会議員らしい。
先日のブログで書いた、CAPをすすめる議員さんの一人である。
ご自分で市議会での議事録を出されている。
http://www.space-yui.com/gikai2002-12.htm

「人権教育カリキュラムについて」として「子どもたち自身が人権意識をしっかり持ち、暴力から自分を守るための暴力防止教育が必要です。」とちょっと聞いただけでは意味不明に感じてしまうことが書かれている。

で、言いたいことは結局「CAPプログラムは素晴らしいから少しぐらい金がかかっても全校で実施してよ」ってなことのようだ。まぁ、5年前の話だが。
CAP連中の独占市場であるCAPプログラム。「そんなにいいのだったら、ドーンと公開せえや!」といつもの通り憤りつつ、こんなページを発見。

特定非営利活動法人おきなわCAPセンター定款(PDFです)
附則
1 この定款は、この法人の成立の日から施行する。
2 この法人の設立当初の役員は、次に掲げる者とする。
  理事 長田 清 (代表)
  理事 中村 淑子(副代表)
  理事 宮國 幸子(副代表)
  理事 高里 鈴代

おお!議員さんのお名前発見! 「おきなわCAPセンター」の理事さんだったんですね。どっちが先かわかりませんが。笑
ま、「非営利活動法人」とはいえ、ちょっといやらしくない?

CAPって…欧米か!

カテゴリ : 
kumaの暴言
執筆 : 
kuma 2007/6/7 21:06
CAPのプログラムは、「1978年に米国オハイオ州コロンバスのレイプ救援センターで初めて開発・実施」されたらしい。
それを日本で広げているのだ。

私は、こういう分野のものを外国から導入して喜んでいるのが不思議でならない。
もしかするとCAPプログラムは優れているかもしれない。しかし、それは米国でのことじゃないかいな。
社会的背景が全く異なるのに、そっくりそのまま同じ事やって違和感を感じないのだろうか。

社会的背景とはいろいろある。
伝統、歴史、習俗、宗教、倫理観…。

最近の教育は、アホのように「人権、人権、人権」とやっている。
(ちょっと前までは「同和、同和、同和だったのにね」)

「人権」があるなら「人務」があっていいじゃないか。人としての義務は教えているのかよ!


ちなみに、アメリカのほとんどの幼稚園や小学校のイベントでは、「忠誠の近い」ってのが斉唱されるんですな。

" I pledge allegiance to the Flag of the United States of America, and to the Republic for which it stands, one Nation under God, indivisible, with liberty and justice for all." 
「私はアメリカ合衆国の国旗に、そしてその国旗が象徴する共和国に、神の下で一国として分かたれずに存立し、全ての人に自由と正義が約束されたこの国に忠誠を誓います。」

朝の挨拶運動で

カテゴリ : 
PTA活動記
執筆 : 
kuma 2007/6/6 9:06
私の中学校PTAでは、朝の挨拶運動ってのが行われている。
時間が許せば積極的に参加しているのだが、関心が低いのか、忙しいのか、参加は非常に少ない。しかも結構同じメンバーだったりする。

私は、「おはよう!」と声を掛けるのだが、校長先生は「おはようございます!」。
「子供」に対してだから、上からの目線で「おはよう!」でいいと思うのだが。

しかし、一番問題なのは、先生たちが誰も出ないこと。小学校でも同じ。あんだけ先生がいるのだから、交代でやっても月1回にもならんだろうに。
たかだか、1時間ぐらい早く出てくる日があってもいいじゃないと思う。授業があるなら、先に準備をしておけばすむ話だし。
ひょっとしたら、「早朝出勤手当」とかが無いとダメなのかな。笑

CAPをすすめる議員

カテゴリ : 
kumaの暴言
執筆 : 
kuma 2007/6/3 20:06
CAPについていろいろググっていると、どうやら地方議会で「CAPセミナーは素晴らしいのでやれ!」という発言をしている議員がいるらしい。

おいおい、待てよ! 先日のブログでも書いたとおり、CAPセミナーはCAPの連中しかできない独占市場なのだ!
「CAPプログラムのすべての権限はN/ICAPが持っています。 許可なく子どもワークショップを模倣・実施することは固く禁じられています。」とCAPセンターのトップページに書かれてるではないか!

ど~考えてもおかしくないかい?

今、世の中は、緑資源機構とやらの談合事件で騒がれているが、有料である独占CAPセミナーをやれってのも、金額こそ違うけど似たようなものじゃないかい。

ちと、暴論過ぎたな。

CAPって稼いでるなぁ

カテゴリ : 
kumaの暴言
執筆 : 
kuma 2007/5/28 23:05
あるCAPグループのひとつが、活動予定を掲載しているのでみてみた。
ひと月で50近いセミナーをやっている。

ということは、1回のセミナーで2万円だから、100万近いわけだ。オイオイ。
このグループは、都市圏ではない。一地方を本拠地としているにもかかわらず、こんなに!

CAPセンターのトップページには、
「CAPプログラムのすべての権限はN/ICAPが持っています。 許可なく子どもワークショップを模倣・実施することは固く禁じられています。」とある。

つまり、CAPセミナーを聞いて、先生や親たちが子供に同様のことをしようとするのは「許さん!」というのである。
いったい何を広めたいの?
どうせ、「きちんとしたCAPの教育を受けて、認定した人でないと間違いが起きては困る」とでも言いたいのだろうが。

これらの収入がどこにどう流れていくのか。
そりゃ、単なる「お客さん」である私たちがとやかく言えることではないけど、これまた謎である。


ある方のサイトにこんな記事があった。参考まで…。

CAPセミナーと言うのに出席してみた。子どもへの暴力防止がテーマである。
しかし、この団体は制約が多過ぎる。講習内容の録音禁止に撮影禁止。
配布資料の転写も禁止。つまり内容を他へ伝えられない。
本来の意味としては、中途半端な知識しか持たない者が講習の内容を真似て
間違った講習をしないようにとの意図である。そこまでは良いと思うよ。
ただねぇ、受けた感想を会話にしろ、こうした文章にしろ、
誰かに伝えたり・相談したり・話し合ったりしたいと思ったときに
その内容を公表しちゃぁいけないなんて、おかしいよ。
『何を見てきたか』『何を聞いてきたか』を抜きにして述べる感想なんて無意味。
ただ単に『面白かったよー』『つまらなかったよー』だけで
『どこが面白かったのか』『どこがつまらなかったのか』を表現しなければ役に立たないし
伝えたいことがきちんと伝わらないはず。だからここでは感想は書かない。

母と女性教師の会(母女の会)

カテゴリ : 
kumaの暴言
執筆 : 
kuma 2007/5/23 20:05
母と女性教師の会… PTAで担当役を出したり、PTAからこの会に支出したり、この会の活動をPTA活動の一環として行ったり…

おかしい!

私のところでは、校長の尽力により学校から追い出した!

この母と女性教師の会の裏は、日教組という話がある。
しかし、母と女性教師の会のウェブサイトはない。日教組ウェブサイトの関連団体にも記載がない。

PTAでこの役を今年度することになった方は、良く会の実態を調べてみて下さい。
今、NHKテレビで参議院の文教科学委の中継をたまたま見ています。

なんと、蓮舫さんが良いこと言うね~
「子育て支援は良いが、子育て指南をするというのは大変な問題だ!」

そうそう、CAPの大人のセミナーもまさに「子育て指南」ですよ。 もうすでに行われているんですよ!
大問題ですよ、蓮舫さん!! 早くやめさせてくださいよ!!

少人数でのPTA総会

カテゴリ : 
執筆 : 
kuma 2007/5/18 19:05
小学校のPTA総会があった。
仕事を抜け出して、出席。自分の役目が終わったらそそくさと仕事に戻った。

しかし、参加が少ない。 政治の世界ならそれだけ平和ということだろうが。

PTAの参加が少ないのは、それだけ魅力やメリットがないということだと常々思う。 参加が少ないのを嘆く前に、参加が多くなるようにするには何が足りないのか考えるべきだ。

仕事から帰ってきて妻に聞いたら、平穏無事に終わったとのこと。 やっぱ総会は参加少なくてもいいのかな。笑

いよいよスタート

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
kuma 2007/5/17 19:05
まだまだ不完全ですが、当ウェブサイトをスタートします。
ついでに、この管理人kumaブログもスタート。

腹が立ったら、書き込みます。笑

検索

メインメニュー

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失