Re: PTA会費の不透明な部分

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし Re: PTA会費の不透明な部分

msg# 1.10
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/10/27 10:21
たぬき 
現役会長です。
ご指摘の部分について、我が校でも私(経理事務経験者)が会長になり、ずいぶんと支出について適切な運用執行を可能にしたと思います。
以前からの書類関係を調査するに、本部役員または学校関係者での不適切な使途があったことと推察できますし、帳簿上も不透明な証憑書類が堂々と証憑としてまかり通っている次第でした。恥ずかしながら、私もそれまでは子ども会育成会に従事していたこともあって、PTA会費に無頓着であったことも反省点でしたが、これほどとは思わず、びっくりしてしまいまして・・ただ、これが総会の意志だったと思うと、ご指摘のとおり会員の意識改革も必要だと思います。
しかしながら、本部役員の意識改革なくして会員の意識改革は不可能であると思いますし、本部役員会から姿勢を正すことを見せる場がないとなかなか難しいことと思います。
我が校は、まずはPTA会費とは何ぞや、というところから本部役員会に問題提起し、ほぼ半年で本部役員会の中では改革が出来てきつつあると感じます。当初は、『そういった予算執行は総会の意志に反するもので、大きく黒字決算となった場合は、誰がどう責任を取るのか!?』といった、不透明執行に対する肯定宣言もあったりしましたが、『これを公に晒した場合において、予算執行改革が総会で批判を浴びるようなことは無し。』という姿勢を貫き、もしも会計上、大きな黒字になったならば、会費の見直しもしくは、事業計画の見直しにて対処することで本部役員会を納得させた次第です。
また、二次的な問題として、学校が学校予算を計上していない、または学校予算の執行が面倒であるといった理由からPTA会費をアテにする、という事実も見えてきて、学校とも使途については協議してきました。
もともと、児童が学校で学ぶことに対する大きな費用、例えば教職員給与だとか、施設設備維持費などは学校予算つまり、我々が間接的に納付している税金で賄われるべきであり、PTA会費というものは、学校予算で執行されること以外に保護者・教師が独自に行いたい『何か』のためにみんなでお金を出し合いましょう、というところ真実であると考えます。
そうしたところに対して、本来は学校予算が執行されるべきところに、例えば括『伝票が使えない店だから』とか、『当初予算を計上していなかったから』といった事由がPTA会費を執行しても良い理由になるかというと、これは否定するべきであると思います。
いずれにせよ、『PTA会費とは何か?』というところからPTA本部役員会で勉強し直し、全体役員会(当校で言うところの運営委員会・・・各校で呼び名は違うでしょうが)に提出した上で、裾野から広げていくしかないと思います。それにはまず、会長こそが判らないと何にもならないわけで、会長の説得(いちばんの良案は自ら会長となって改革する)が必須でしょう・・・
がんばってください。
投票数:8 平均点:8.75
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ