Wikipedia のPTAに関する解説について


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008/10/9 11:57 | 最終変更
jonagold  サイトURL
こんにちは。お邪魔します。
管理人さん、皆さんは、Wikipedia に掲載されている
PTAの解説についてご覧になった事はありますか?
実は私、今日初めて目を通しました。
PTA反対派の私としては、かなり興味深い解説がなされていると
感じました。この掲示板へそのまま引用してしまってもいいのか
どうか分からなかったので、ただ報告までですが・・・。
その上で、管理人さん始め、皆さんと意見交換できたら嬉しく思います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008/10/9 17:20
jonagold  サイトURL
やはりどんな点に共感したかを持ち出さないと「雑談」も出来ないかなと思い直し、再度書き込みます。
下記が、私が改めて同意、共感した点です。

*「PTAとは、・・・各自が任意で入会する団体で・・・」
*「日本が『今年はPTA委員に当たった』と大量の仕事が一部の人 間に集中すると言う現象が順繰りに回ってくるのに対し、アメリ カでは毎年各家庭がPTAに加入するかどうかを訊ねられ、加入す る事は『今年も自分が出来る範囲内でPTA活動をする』という意 志の表示となる」
*「アメリカと日本のPTAの最も大きな違いは、アメリカのPTAが
  必要とされて自発的に作り上げられたものであるのに対し、
  日本のPTAは・・・半強制的に導入された点である。
*上記の経緯から「日本ではPTA活動を自由意志ではなく、義務や
 強制で奉仕活動をさせられているという意識が強い」
*「・・・余裕を持って活動できる保護者が年々減っており、
 ・・・PTAが本当に必要かどうかと言う議論が多くの地域
 で起こっている」

  出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
より一部抜粋
投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008/10/9 17:40
HOT  サイトURL
はじめまして。私はベラベラ話すほうなので、いつも長くなりスイマセン。

「各自が任意で加入する団体」なんですね。規約なども見たことないですが、あたりまえですよね(建前上)。大学の同窓会とかもそうですが、「勝手に加入させて金銭要求してくるな」、「こっちは何の用もないです」と感じることが多いです。

アメリカは、確かに、「個人」の自由のために団体を設立した歴史があるんでしょうね。日本は、団体が先にあり、団体のために個人はSLAVEになってきた歴史があるのでは(特許も会社の取り分多すぎ;中村修二さん8億円なんて安すぎじゃ~)。だから、上から目線で傲慢、個人の都合は聞かない、大衆はいやいやながらも村八分をおそれ服従、と。

勤労奉仕(都会生まれの都会育ちの人、意味分かりますか?)とか、町内費なども、みな、いりません。たいしたメリットもなく、負担だけが増える。

本当に意思疎通できる範囲での交流にとどめてほしいです。
規約も費用負担も義務もない、あるのは真意での助け合い。信頼できる親同士で。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008/10/10 9:14
jonagold  サイトURL
Hotさん、初めまして。ありがとうございます。私も話したい事が山のようにあって、いつも文章が長くなります。すみません<(_ _)>

PTAが任意団体である事がまだ広く浸透していない現実に、私自身改めて驚いています。
PTAが任意団体である事、毎年アンケート等で保護者全員に加入意志を問う事は必要最低限の対応だとは思うのですが、それすら行われていない学校があるなんて。どんな団体であれ、入退会の記述を掲載しているものだと思いますが、PTAに関しては必ずしもそれが現実ではない、と言うのが理解できません。うちの学校では、保護者全員=PTA会員とみなされ、加入意志を訊ねられる事は勿論無く強制です。更には、退会の記述については一切触れられていません。つまり、入ったら出られない、出るのには(前例がないようですが)相当の覚悟が要ると言う事です。通販で購入するにしてもクーリングオフと言う制度があるのに、PTA(少なくともうちの学校では)その抜け道、もしくは選択方法がないなんて。恐ろしい。

HOTさんの「意思疎通できる範囲での交流にとどめて欲しい:真意での助け合い」と言うご意見に同意します。
ここで興味深い記述が同じWikipedia内に存在します。
「(PTAの歴史は、1897年のアメリカ、ワシントンDCから始まりますが)2007年現在、全米PTA団体に属しているのはアメリカ全土の学校の『わずか25%』」だと言う事です。「残りの75%は『各自が独立した』PTO等と呼ばれる団体」が占めているのだとか。PTAが「学校、州、国というヒエラルキーで構成され(←まさに日本のPTAですよね)」ているのに対し、PTOは「学校単位で活動」する傾向があるのだそうです。
いずれにしても、歴史や国民性その他において全く異なる日本にPTA制度を導入しても別の結果に変わってしまう、終わってしまうのは仕方が無いのかもしれません。HOTさんご指摘の通り、個人よりは団体を尊重し、その為には個人をも犠牲にしますものね。ヒエラルキーだって要らない!解体が不可能・困難なら、せめて各組織で独立し、関心のある人により構成され活動し、義務ではなく、真意での助け合いのある組織に変わって~!
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2008/10/11 1:50
HOT  サイトURL
jonagoldさん、お返事ありがとうございま~す。

普通の親は、任意かどうかなど考えず、学校行事の延長程度にしか考えていないと思います。会費も仕方ない、と。

改めて議論できるならば、PTAは危機ですね。保護者のために活動してないくせに、行事・事務を押し付けてくるから。役員会、総会があるといっても、公平な人選はなされていないし、加入自体検討する機会を与えていないので屁理屈です。

脱退規定がなくても、いつでも、事実上、やめればいいと思います。いい加減にしてきたツケです。

今現在の話ですが、PTAは何をしていますか。保護者に有益なことをやっていますかね。給食費下げる運動とか、会費を下げる運動とか。

明細出せ~って、私はここで叫びましたが、「各」明細・領収証のことであり、結果報告としての明細のことではないです。PTAが参加を強制すべく規定を整えるなら、ここら辺で反動がくることを十分考えるべきです。構成員各自の調査権です。

以上は聞く耳持たぬPTAへのアドバイス。

jonagoldさんが同じ学校なら、堂々とやめますけどね、私は。

PTAなんてどうでもいい、それどころではない、そんな時代ですね。気の合う者同士でいけない理由は、学校の下請け機関にならないからでしょう。

PTAのイベントも年寄りくさいんですよね。発想が、非常につまらない。利用者のこと考えてるかの知ら~ん。

jonagoldさん、一緒にやめましょう!適当に参加しながら、事実上、さいならっきょ~、と。PTAなんて「ラッキョウ」ですよ。あってもなくてもいいのです。年よりは好きみたいですけど。

話それたかもしれませんが、適宜誘導して下さいね。
投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/10/11 7:22
jonagold  サイトURL
HOTさん、お返事ありがとうございます。
実は結論から申し上げると、私もPTAを退会すべく、現時点で
準備を慎重に進めています。既に退会届を作成し、提出準備万端です。おそらく私が開校以来最初の退会者となるでしょう。
ここまで決心するのに、PTAの外から不満を出してきた訳ではなく
きちんと委員として内部で活動し、実情を自分の目で見て耳で聞き、そして辛い経験を受け、その上での決断ですので誰よりも説得力があると信じています。
退会届に関しては初めての事で書式や規定が無い為、自分自身で調査し慎重に考え作成しました。私だけの問題ならばどんな結果をも我慢できるでしょうが、まだ長い小学校生活で一番気がかりなのが
子供達なんです。自分が決断した事で、子供に迷惑をかける訳にはいかない、この思いが一番です。その為に細心の注意を払い、だけど主張すべき事は要請があればするつもりでいます。
大切だと今回感じたのは、「言った言わない」を防ぐ為、必ず書面でのやりとりにする、また役員からの連絡も書面にて、学校を通してからにしてもらうつもりです。
まずは一旦書き終えますね。以前に時間切れで書いた文章全て消えてしまったので・・・。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008/10/11 7:48
jonagold  サイトURL
長くなりまた度々失礼します。
話がそれないよう(←これ、私の特技です・・・)なるべくWikipediaの記述も時々(無理やり?)引用しながら続けますね。

今回のHOTさんのご意見に殆どまるまる同意です。
殆どの親が疑問を持たず、だけど不満は持ちながら何もしない、
もしくは何もできない現実は確かに問題です。
会員である個々の意見を提言する機会も場も与えないPTAであるならば、不自然だと思います。
アメリカから導入したのであれば、まずはその基本概念を学び、それをどう日本に活かすかを再検討すべきではあると私は思います。
ヒエラルキーだけを導入、後はテーマを無視して勝手に作り変えてしまうのはどうなんだろう。今の日本のPTAの実情を、全米PTA団体に訴えたらどういった反応が返ってくるかとても興味深い所です。

うちの学校でも確かに収支報告のみで領収証の開示はないですね。
ただ今の教頭がとても周りから信頼の厚い方でしっかりされているので、収支に関する点では、うちの学校では不満は出ていないようです・・・。

役員選考にしても希望者から募る、これは基本中の基本だと思います。なければ、ここがそもそも問題なのですが、希望者がいないという事の意味をもっと深く考えて欲しい。希望者がいないのに、今度はそれを強制で選考する、これはどうかな?選考者とて親。親が半ばいじめのような選考方法を行っておきながら、果たしてこれが子供の教育にいい影響となるのかはなはだ疑問です。
アメリカでは少なくとも私が調べた限りでは、教育に関心のある希望者が役員となり意欲的に活動しているようです。

ああ、私も随分話がそれました。私には「誘導」なんて絶対無理です~・・・。

投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008/10/12 18:29
HOT  サイトURL
そうですか。深い検討を経ていたんですね。


私もやめる気がモリモリと吹き上がってきましたが、私は注目されている人物なので、今はやめません。こそこそ調べる人もいますしね。「小学生」とか特定しないほうが良いですよ。関係者には周知のことでも、手の内がばれることがありますからね。わざと腹の内を明らかにして見せる、というなら大いに結構ですが。人のうわさも75日といいますが、適当に在籍中にやめます。腰抜け、事なかれ主義!といわれそうですが、ひとやま超えたところであり、家庭環境とか対戦準備を整える必要があるのです 少々おおげさですけれどねっ。

書面を通じてやり取りするのは重要ですが、相手は、なかなか応じないと思います。書面出しても名義人(文書作成者)をあいまいにしたり。質問には答えず、オウム返しだったり。

私も少し脱退方法について考えてみます(1週間ぐらいは調査させてください)。

確かに、子供ですね。だから学校に親は言い分を通せないのです。その通り。それにつけこむ学校の態度も問題です。つけこむ、といっても全員がそうではないし、態度の柔らかさ・硬さはあるでしょう。しかし、一番頭を悩ませる部分です。教師も「最近」は十分悩みがあると思いますが、親には親の言い分・希望もあります。「お世話になっている」ではすまないですよ!お金払ってるのに。

「日ごろお世話になっている」から文句を言うなというなら、薬害や保険会社の不払いや、食品偽装関係も、国民・消費者は平素お世話になっているし皆事情があるのだから文句いうな!と思いませんか?

違いますよね。皆考えが違うから、いろいろ対等に話し合う場の設定が必要なのです。日本人は事なかれ主義。沈黙している保護者も実は不満を抱えているのです。むかしのような統制は今後できないでしょう。あなたは先駆けです。ノーベル民主主義賞ですよ。

うるさい人は役員から排除してしていく気が満々。イエスマンと、黒幕のワンマン。都合の悪いことは、多数の圧力をたてに、また子供を思う親の気持ちに悪乗りして、無視。自由・対等に議論できないので、民主主義の前提を欠く団体です。建前は、自由自由といいますけれどね。

何回も書き込みしましたが、本当に自由で保護者のためになる団体ならば、給食費をPTA会費で一部補うとか、費用の一部負担するとか、会費下げるとか、親にとってうれしい(学校にはやや不利益)決定も、「せめて、たまには」してくれ、と思います。

十分PTAが考えて態度を変えないと、若い親はどんどん離れていくでしょう。われわれからすれば、意味がないのです。NHKよりひどいです。NHKは「電線工事手伝え。日程は下記の通り。」などといいませんからね。

オウム事件のとき容疑者にされた人が、後日事件と関係ないと判明し、公安委員会の委員になりましたよね。警察に不信感を持つものを公安委員会にいれたその態度はたいしたものです。PTAも、まねしてみろ~。

アメリカのことはよく調査していますね。案外、調べるのには苦労しますね。私は、PTAとアメリカのつながりは意識していませんでした。

ともかく、いろいろこの場で話しましょう。ネットとか匿名君と批判されますが、それだけネットの威力はあるのです。

あと、だまっていてもあなたの見方はいますよ。もちろん近くに(同じ学校の人ですよ)。感じませんか?

すぐに力にならない場合が多いですが、気持ちは楽になります。みな決心がつかないんでしょうね。あるいは考えない。だから、日本的でない人が、ノーベル賞をとるのです。日本的でない人は、欧米人です。世界スタンダード。グローバル!

最後に、格別まくしたてるつもりはないです。決心はついて進行中と思うので、私の意見をいったまでです。いろいろ嫌がらせがあったことは、推測できます(分かったようなことをいって申し訳ないですが、べつのところで経験はあります)。たとえば、弁護士も高額案件か重大事態等でない限り、「事前」には介入してくれませんからね。

違法・不当は放置されるのです。PTAという、ありふれた平穏な名前のせいもあって。多くはあきらめ、そのため次世代もその波にのるしかなくなるのです。

アホくさいですが、ともかく、PTAはいりません。
理念なき像が死場をもとめて放浪中と表現すべきかもしれないです。らっきょう好きな人、申し訳ありませんでした。



投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2008/10/12 22:52
jonagold  サイトURL
HOTさん、応援ありがとうございます。
HOTさんとは同じ意見が多く、心強く思います。
ここの本来のトピックであるWikipediaとは段々かけ離れ、
勝手に暴走してしまっている現実をお許し下さいませ。
いっその事、「私のPTA退会奮戦記」なるトピックで再投稿した方が良い様な気がするのですが、そこまでの勇気がありません。

さて、そうなんです。HOTさんご指摘の通り、「こそこそと
調べる人がいる」「書面を通してのやり取りにも何かしらの限界や問題はある」「皆考えが違うから対等に話し合う場が必要」「民主主義の前提を欠く団体」「ネットの威力はある」これらの点、まるまる同意です。

私自身人の噂も75日と信じ、1度目の辛い経験にはグッと我慢をして来ました。その時に学校側に伝えた事。それは「今回は我慢します。ただ、もし次に何かが起こった時は公に行動を起こします」と。そして事件は起こりました。人の噂も75日は現代には通用しない!そう感じました。だから私は退会決心を含め、更にはこのサイトを活用し意見を述べ、また、今まで自分が見聞きし体験した疑問や不満を学校側に伝える事で行動を起こしています。
感情的にならぬよう、学校に出向く時には自分の考えや伝えたい事をあらかじめメモし、何度もチェックしています。

同時に覚悟も出来ています。人の口に蓋をする事は出来ない。
人の不幸は蜜の味と考える人もいる。ばれたらばれたで、別の行動を考えています。だって後ろめたいことは無いですもん。一度は我慢したんですもん。そして次に何かあったら行動に出ると宣告していたんですもん。

本当に捨てる神あれば拾う神ありとはよく言ったもので、確かに
HOTさんのおっしゃるように、陰ながら指示してくださる方もいます。感謝です。ただその方達を巻き込む訳にはいきません。だから私は表面上は一人でも断固闘います。
人を精神的に追い詰め、病気にしてまで責任を問われない、それどころか更に追い詰めて来る、人としても親としても何だかおかしな話です。幸いにも、これを事前に想定して私には医師の診断書もあります。切り札として取ってあります。頑張るぞ~!
投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/10/13 6:34
jonagold  サイトURL
すみません。誤字発見。
>陰ながら「指示」してくださる方・・・
では勿論無く、正しくは「支持」です。
発音は同じでも意味がかなり違うので訂正させていただきます・・・。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2008/10/13 22:37
HOT  サイトURL
jonagold さん、なかなかのやり手のようです。こちらが勉強になります。

75日でないですか。私もその気でいるよう気をつけます。確かに、継続的に行動していると、その間ず~とウワサにはなりますね(私の場合ですけど)。よそにも、こそこそ調べる人いるんですね。
これは少々驚きです。当たり前ともいえますけど、ショック。

他人を巻き込むことについては、別の見方もあるかもしれません。私なら、jonagold さんのような人が私の学校におれば直接支持したいですが、学校側は連絡を取らせないような対応をしてくるので、こちらから接触できません(同じ役員同士でも氏名さえ知らない場合ありますしね)。それと、ある程度他人と共同しないと、なかなか、うまくいかない場合もあります。その他人との親密度など関係ありますね。迷惑かどうかは人それぞれの判断ですが、個人的付き合いの中で迷惑を掛け合うのは仕方ないと思います。一人で完結するのは、まず無理です。私が年下かも知れないですが、無知ゆえの目線もあるので頭の片隅においてください。

さて、組織は放置すると調子に乗りますからね。相手は、「どうせ脅しで何もできまい」ぐらいに考えていたのでしょう。

後ろめたいことがないというのは、強く行動できる根拠です。みんな、もちつもたれつの関係にあるので、不正・不当を見逃さざるを得なくなり、お互いなんでもあり、何でも放置、になるのが通常ですからね。一方で筋を通せる人は、不正・不当から距離をとるころができます。同じ穴のむじな、にはなりたくないですからね。

良い弁護士は「敵対してるわけじゃないけれど、またその点について聞くね」といって、こちらの不利なところを聞いてくれます。難点をクリアできるよう、私も「個人的な」意見を言います。「そうだそうだ」とおだてるより、参考になると思うので、こうるさいかもしれないですが、参考にしてください。

推測ですが、何らかの行為と病気・精神病などとの因果関係は認められにくいと思います。十分、法律家と話してください。法律家は、面倒くさいとき、あれこれ理由をつけて拒否してくるので、自分でやりきれるよう調査しておくと良いと思います。法テラスとか、期待しないほうが良いですよ。ただし、「むつかしい」といわれても、十分戦える場合がありますので、十分自分で考えて下さい。自分の頭、素人の直感はだいだい当たっています。一方で、ごまかされて、あきらめる人も非常に多いのです。

筋を通したいのであれば、PTAの規約違反や、手続きからの排除などを理由に、慰謝料請求する道もあります(これも微妙な問題でケース・バイ・ケースでしょうか)。いすれにせよ、確実に公の場で争えます。慰謝料額は高くないでしょうが、筋を通すのが目的でしょうから、問題ないと思います。ただ、負けると悔しいので、行政機関(できるだけ中央官庁)へ申し出て交渉する手もあります。行政は役に立ちませんが、何の影響もないかといえば、そうでもありません。

私の適当な推測ですし、あまり公然と話し合う必要もないので、話を変えます。

不正・不当を正そうとして議論しているうちに、争点が絞られて証拠もそろってきます。そうすると、あいては「だんまり」に態度を変えてくる場合があります。そうれだけ本質へ迫っている証拠です。

モンスターモンスター言う人もいますが、それは相手の目線であり、こちらから見れば学校がモンスター牧場です。モンスターかどうかは、法的あるいは道徳的根拠のあるなしです。あきらめないからモンスターではないのです。最近いろんな現場から、利用者の傲慢さを嘆いている声が聞こえますが、大げさですね。それだけ、各現場が利用者を無視できなくなり、「面倒くさい」と嘆いているのでしょう。

あの適当な、贈収賄のからんでいそうな、教員の試験に関する問題!あのような、馴れ合いの延長に、PTAもあるのでしょう。おかげで不愉快極まりない思いをした教員・家族もいるのです。だからといって、放置はでません。

しかし、PTA何の役にも立たない。保護者の費用負担を減少させた事例ってあるんですかね。100円や200円ならPTAやめたほうが得ですから、もっと高額なメリットがないと。

大阪の学童保育が補助金を裏金にして校長室のエアコンなどへ流用した事件知ってますか。600万円ぐらいでしたかね。PTAも裏金関係ないのでしょうか?福祉や教育は、もうけに利用されやすいですからね。この筋の事件が、どういう経緯でニュースになるのか非常に興味があります。

一段落したら、そのうち会計について、別にスレッド立てる(掲示板に項目を作る)ので、話しませんか?





投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/10/14 7:26
jonagold  サイトURL
HOTさん、いつもありがとうございます。
私自身驚いたんですが、PTAとの因果関係を明確に証明してもらえたんです。事前にカウンセラーにも、医師に会い診断書を請求してみると伝えたんですが、カウンセラーからは私の症状とPTA事件を結ぶ診断書を期待するのは不可能だろうと宣告されました。納得がいかず駄目もとで医師に事件の経緯から、その後の自分の心身症状を細かに説明した結果、発行に至りました。面食らって、思わず聞き返しましたもん。「ホントですか!?証明できますか?無理だって言われたんですけど・・・」って。この診断書が突破口となりました。切り札として持っていよう、これがあれば怖くない、一人でも十分だ、そう信じてここまで来ました。私自身、「行動する前から出来ない。」と言うのが苦手で、駄目もとで何でも挑戦します。勿論、経済的にデメリットが無く、家族にも迷惑をかけないと判断した時のみですが。
今回の件で本当に色んな人がいると改めて認識しました。私が落ち込んでいる間に、事の経過を自分の都合の良い様に丸く治めようと、先回りして学校側に報告する手段をとる人がいました。私が落ち着きを取り戻し、せめて学校側に報告までと気付いた時には(PTAの事で心身症状が出た時点で、これはもう個人間のトラブルではなくなっていると判断した為です)、学校はその人の見解を信じ、私からの説明には既に効力はありませんでした。以来私は、何かがある度にその都度メモにして学校へ出向き説明報告するようにしています。時間は大切。後からでは遅いと学びました。また、メモも帰宅後に日付を入れ、証拠として保管しています。HOTさんの指摘する「組織は放置すると調子に乗る:どうせ脅しで何も出来まい」と言う見解は、きっと行動を起こさず、我慢していると発生してしまう出来事なのかもしれません。
どんな出来事にも、両方の意見を同時に聞いてもらわないと客観的な判断は不可能です。
それを怠った学校側に強い不信感が沸きました。だから次に何か起こった時にはすぐに報告に行こうと決めていたのです。感情や個人的意見を抜きにして、出来事だけをまず報告する、その後で自分がどう感じたかを冷静に説明しています。興奮して声を荒げたり怒鳴っては説得力など生まれませんもんね。
これにより、学校側もだいぶ丁寧に対応してくれるようになりました。感謝です。
上から目線、感情的、丸く治めようと嘘をつく、などするといつかぼろが出て信用を失います。正攻法での行動を心がけるようにしています。勿論その上での調査や準備は必要ですね。出来るだけ互いに誤解を招くのを防ぎ、互いに誹謗中傷しあうのを防ぐ為に。
噂だけで証拠もなしに誹謗中傷を受けた事もあります。この点からも調査は必要だと感じました。
現時点で法的手段は考えていません。ただ、学校側とPTA本部には退会届を提出し、
疑問点を列挙してきました。開校以来の退会と言う事で、それだけでも何かしらの変化のきっかけにはなるかもしれません。何より問題提起は大切な事だと思います。それだけでまず様子を見ます。それでもまだ攻撃してくるようなら、その時また考えます。いきなり大きなステップを踏むのは一人では危険だし、
勇気も要るし・・・。何より家族が大切で。慎重に頑張ります。
長くなりすみません。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008/10/14 18:53
jonagold  サイトURL
何度も失礼します。

正式に退会届を学校に提出してきました。要望書も添えて。
さあ、どうなります事やら。まずはじっくり相手の動きを観察します。退会に関して意見がある場合は、学校を通して文書にてお願いしますと伝えてあります。これでまず、突然自宅に電話が掛かってくる、突撃訪問される、と言う事を避ける事が出来るでしょう。
そうされても、逆に堂々と断る事が出来ます。

HOTさんの仲間と共に闘うという意見、本当は出来るならそうしたいです。迷惑に思うかそうでないかは確かにご指摘の通り、人によります。今までの所、一緒に行動するよ、と仰って下さる方がいないので必然的に一人です・・・。行動は一人ですが、今回のPTA事件で数人分の経験を一度にしかもごく短い間に直面する事となりました。一人で体験に基づいた色んな意見が出せるのは武器です。
だけど、退会書を提出した事で問題提起のきっかけとなり、
それによりもしかしたら一緒に闘える仲間が出てくるかもしれません。それを願う事はしません。一人でもいいですが、来る者は拒まず、の精神で行きます。

会計についての意見交換も興味深い所です。
スレを立てられましたら、是非伺いますね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008/10/15 20:32
HOT  サイトURL
遅れました。すいません。

すごいですね。いろいろ行動するうちに、予想外な協力者がでてくるんですね。努力のたまものです。そういう喜びや・苦労は普通の人にはわからないでしょう。

ともかく平穏がなにより、ということに変わりはありません。

冷静にいられ続けたのはすごい精神力です。あおってくる人がいるしね~。それに、医者や弁護士でも怒ると強い口調になりますからね。冷静さとポーカーフェイスを私も心がけます。

突然自宅に来るとか、本当に迷惑こうむったんですね。個人情報だから開示できないなどというときもあれば、役員間で歪曲された個人情報が垂れ流されているときもあります。役員同士なのだから、隠さないほうが本筋と思います。しかし、いつでも、何回も訪問されると腹立ちますね。訪問販売でもそうですが、相手の都合ですからね。

「同時に」双方の意見を聞くというのも共感します。人を挟むと事実が十分に伝わらないですから。

会計は、また近いうちに!

ところで、PTAが組合みたいなものだとすれば、労務を出資しているので、退会のときに換算して返還してもらう余地もありますね。多くが脱退すると多少困るでしょう。これは、jonagoldさんではなく、PTAへのメッセージです。何でももらうだけという、調子のいいことばかりじゃないっす。


今回、楽しかったです。またよろしくお願いします!
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/10/16 6:02
jonagold  サイトURL
HOTさん、こちらこそありがとうございました。
色んなご意見が聞けて嬉しく楽しかったです。
沢山の励ましのお言葉ありがとうございました。

また、管理人さんにも感謝です。
日常生活ではどこにもPTAのこういった話をする場所も機会もありません。このサイトで随分気持ちが楽になり、また不安が軽くなりました。話をする、聞いてもらえる場所があるだけでも本当に楽になりますものね。もっと沢山の、PTAで困っている人たちがここでその不安を少しでも軽く出来るよう願っています。

また新たにトピックを立てるかもしれません。
私の退会経過などを。多分このまま平穏に終わるはずは無いと想像していますので・・・。その時はまたよろしくお願いします。
投票数:1 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ