こんなすばらしいサイトがあったとは!


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2008/4/17 14:44 | 最終変更
ビフィズス菌入ってない  サイトURL
はめまして。
こんなすばらしいサイトがあったとは、今日はじめて知りました。
私も、父親ながら3年間小学校PTAの本部役員をしました。
その経験から言えることはずばり!
PTAなんていらない!!!
です。
全く子どもたちのためにならない活動のために、強制労働させられ、子どもはといえば連日連夜ひとりで留守番。本末転倒もいいところです。
子どもの安全はPTAがなくてもちゃんと確保できます。「PTAは大人の人間勉強の場でもある」とか言う人がいますが、それ、明らかにPTAの目的、間違ってるでしょ。
やがて子どもたちが親になり、子が入学したとき、何も変わらないPTAを見て、親の無能を恨むでしょうね。子どもたちのためにも、PTAはぶっつぶしましょう!
投票数:8 平均点:7.50
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008/4/17 21:26
kuma  サイトURL
ビフィズス菌入ってない さん、はじめまして。
管理人のkumaです。これからよろしくです~。

最初にPTAに関わったとき、「あれ?変じゃない?」と思ったことが結構ありました。

何にも思わなきゃ、ただ前年の例にならってやるだけ。
「大変、大変、イヤだ、イヤだ」のPTAなんて本当にいらないと思います。

いかに「目的」を明確にしておくことが大切か!
投票数:1 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2008/4/18 10:31
ビフィズス菌入ってない  サイトURL
kumaさん、こちらこそよろしくお願いします。

私も最初にPTAに関わったとき、「え?それって変じゃない?」と思ったことが多々あったのですが、その疑問を持ってしまうと、思考がネガティブになってしまう。せっかくやるんだから、できるだけ楽しく前向きにやりたい!と願うが故に、結局「変だ」を封印してしまっていました。自分で自分をマインドコントロール!!って感じで(笑)
昨年1年、PTAを離れてみると、堰を切ったようにそれが出てきて、冷静にいろんなことが整理できたように思います。
PTAは不要だけど、親と学校と地域が、子どもを中心にタッグを組む、なんらかの形は絶対に必要だとおもっています。本当はPTAの活動の中身を見直そう!と、会員自らが立ち上がり、根本から再構築することがベストだと思うのですが、それはかなり難しいようです。民主主義、多数決の世界だから。だからやっぱり一度、PTAは解体しなければならない。でなければ親は必要不要の判断ができない。・・・これが、わたしの持論になってます。
お母さんたちはなぜかこういう話には一切乗ってこないので、いっしょに問題提起したり意見交換したりしてくれるお父さんが、PTAの中にいると心強いんですけどねー。いまのままだと私はただのトンキホーテです(笑)
投票数:1 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/4/21 11:25
kuma  管理人   投稿数: 134 オンライン
あはははは、私すっかりネガティブ思考になってしまっていますね。
でも、確かに全てに突っ込んでいては、PTA活動に支障をきたしてしまいますね。
先日も会計監査をしたのですが、「ん?」と思うことはありましたが、最終的にはきちんとハンコを押してきました。

私の場合は父親の集まり(親父の会)がありますので、支えになってくれそうなのですが、なぜかPTA本体の方にはあまり参加が無くて…

お母さんたちの前で意見を述べて「そうだよな~」と思わせて味方をつけるしかありませんかね~?
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010/8/29 16:22
&&& 
 私の母(70歳)の時代は、圧倒的に専業主婦が多く、また姑との同居も多かった。私の実家の隣で、毎年のように役員に立候補しているお母さんがいたけれど、その方は、日中ずっと姑と顔を突き合わせているのが苦痛だからという理由でした。
 昔は、結婚したら家庭に入る、主婦のパートも少なかったし、妻が働くことに理解を示さなかった夫も多かったはず。日中友達とランチに行ったりすれば、姑がイヤミを言う。そういう家が多かった。その家は、PTAなどの学校行事だという理由で家を空ける場合は、姑も嫌な顔をしなかったそうです。そういう昔の主婦にはPTAの仕事は救世主だったのでしょう。
でも、今は働いている人のほうが多い。私の弟は教員ですが、先生方はPTAをバカにしています。PTAはただの雑用係です。おやじの会というものもありますが、これも体裁よく力仕事を押し付けられているだけです。何か困ったことがあった時、先生方にしっかりと説教できるような立場に置かれていませんし。先生方は、どうでもよい存在だが、雑用を頼める。我々は、お前らの子どもの世話をしてやってんだから、雑用ぐらい手伝ってもらって当然。といった認識です。
私は本部ではなく、クラス役員で文化委員をやりましたが、時代錯誤も甚だしいと感じていました。編み物教室など開いていました。今時わざわざ学校に来て編み物を習う輩がどこにいるのでしょう?結局集まらず、参加者は役員ばかり。何の意味もありません。本部役員たちとの旅行も、先生方は非常に嫌がっています。それでいて、先生と他の保護者の掛け橋にもなっていない。先生にひどい目にあわされた生徒児童の親の仲介役にもならない。個人の問題は個人で解決して下さいといったスタンス。
いくら我が子を預けているとはいえ、よその職場。未成年でも働いている子はいますが、その職場に親の会があり、事あるごとにその職場に顔を出し、雑用をするということは考えられないことではないですか?学校ではなく、民間企業に置き換えて考えてみれば、この組織がおかしいことは明らかです。
投票数:3 平均点:10.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ