日本PTAの洗脳教育~日中友好~


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2012/9/20 20:23
左翼洗脳教育 
kuma 様

http://youtu.be/mC8I8nnu_6k
上記動画をブログにしていただきありがとうございます。

PTAなのに、日中友好活動なの? え? そこに力入れてるの??
衝撃です。

平成15年で第17回の開催で、それまで延べ2000人が参加しているということです。
ということは、毎年110人前後が中国に行っていることになります。
ということは、もう、この日中友好「少年少女の翼」という企画が日Pの年のメイン行事と言っていいでしょう。


下記を参考に;



平成24年7月3日. 市P協かわさき. 第167号
www.pta-kawasaki.jp/img/pdf/167_2-3.pdf
日中友好 少年少女の翼に国内から大勢の中学生が参加

上記URLより;

●24年度参加者募集
1. 目  的  日本の次世代を担う少年・少女を、国際化社会に活躍するに相応しい日本人に育成するため、日中両国の友好親善を深める一方、共通する歴史・文化を学びながら視野を広め、心豊かな青少年の健全育成を図る。
2. 主  催 社団法人 日本PTA全国協議会
3. 訪問先 中国(北京)
4. 訪問期間 平成25年3月下旬
     昨年度実施状況 平成24年3月26日 成田前泊
     3月27日 成田出発
     3月31日 成田帰国
5. 募  集 川崎市立中学校2年生 男女各1名 
6. 応募資格 川崎市立中学に在籍する2年生が対象
7. 応募要領  下記①~⑤を川崎市PTA連絡協議会事務局へ郵送にて
提出(書式自由)
①学校名 ②氏 名(ふりがな) ③性 別 
④連絡先(住所・電話)
⑤作 文(応募理由を800字程度にまとめてください)
8. 応募期間 平成24年7月6日~ 8月31日
9. 選考方法 上記書類選考(必要に応じて面接)
10. 参加費用 115,000円(内、市P協負担 75,000円)
※ 応募に関しては保護者の同意が必要です

〒210-0011
川崎市川崎区富士見2-1-3 川崎市教育文化会館4階
電 話:044-210-0072
FAX:044-210-0073
川崎市PTA連絡協議会 事務局
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/9/21 17:38
kuma  管理人   投稿数: 134 オンライン
この事業、前から?と思っていました。
日本がこんなに悪いことをしてきた、な~んて学んでくるんでしょうかね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2012/9/22 9:02
ゲストさん 
PTAのハンドブックの巻頭特集に大きい見出しで、「中国の歴史や雄大さに感動!」と書いてありますから、とても偏向した内容の中学生洗脳ツアーなのだろうと推測します。

日本PTAは、中国の血みどろの歴史と現在も行われている隣国に対する侵略と弾圧の実態を十分に参加中学生とその保護者に学んでもらって、中国旅行の危険を知ってもらってから「日中友好」のツアーに申し込んでもらうべきです。

中国の都合の悪い部分は伏せておいて、結果「中国の歴史や雄大さに感動!」では、左翼思想化につながります。これは洗脳です。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012/9/22 9:13
左翼洗脳教育 
すみません、先ほどの投稿はこのトピックと投稿した「左翼洗脳教育」です。


日本PTAは左翼思想誘導しているとしか思えません。
友好と平和は願ってますが、その前に相手国の素性・本性を学ぶべきだと思います。

投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/9/22 13:30
kuma  管理人   投稿数: 134 オンライン
PTAと日教組って、強いつながりがあるんでしょうね。

実際、日教組関連団体の母と女性教職員の会(母女の会:ははじょ)の役(担当者)を自動的にPTAから出しているところもあるようですし。

投票数:1 平均点:10.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/9/23 8:42
ゲストさん 
>PTAと日教組って、強いつながりがあるんでしょうね。

PTAや日教組・・・教育・平和・子供・女性・人権 ~ こういう言葉を大義名分にしている団体は、すべてとは言いませんが、結局は利権と左翼思想誘導につながっているように思います。

日教組もPTAも似ているかも。
戦後GHQが産み落とした教育分野の双子だなと思います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/9/23 9:26 | 最終変更
kuma  管理人   投稿数: 134 オンライン
昔(私が子供の頃)のPTAって、そんなんじゃなかったと思うんですけど、連中に利用されているんでしょうね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/9/26 18:18
左翼洗脳教育 
また作りました。

【日本PTA】は【左翼洗脳団体】~日中友好「少年少女の翼」~
http://youtu.be/nmjCxkqCxwk



>昔(私が子供の頃)のPTAって、そんなんじゃなかったと思うんですけど、連中に利用されているんでしょうね。

過激な学生運動をしていた左翼連中が社会に出て10年、20年、30年経ち、政財界やマスコミや教育分野で頭角を現し、その結果が今の世の中であり、この民主党政権なのではないかな?と邪推しております。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/9/26 18:54
kuma  管理人   投稿数: 134 オンライン
お疲れさまです。
早速、ブログに掲載させていただきました!
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012/9/26 20:02
左翼洗脳教育 
>早速、ブログに掲載させていただきました!

ありがとうございます。

/////////
日Pホームページを見ると、
(4) 国際交流事業
1.交流事業として中学生を対象とする交流・研修事業を実施する。
2.諸外国との交流を図る。
3.国際ケア活動等に協力する。

などと書いてあるのですが、なぜか、
「日中友好」とか「少年少女の翼」という言葉は見当たらず。

きっと、それがメイン事業なのだろうに・・・。

26年間以上、延べ3000名以上(推定)の中学生を中国に行かせているという事実を、あまりホームページで宣伝したくないのか!?隠したいのか!?

韓国のPTAとの交流もあるようで・・・中国や韓国・・・それに日教組との癒着・・・私たちの無償のPTA活動ってなんなんでしょうか???私たちは日Pに利用されている感じがして悲しい。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/9/28 8:09
左翼洗脳教育 
確か、23年度に日Pの会費が6円から10円に値上げされましたね(家庭数ではなく児童数で徴収)。

P連で日中友好事業で年間どれだけの支出があるのでしょうか?
ほか無駄削減に努力したのでしょうか?

値上げの根拠として、収支の細部にいたるまで公表して説明して欲しい。
頭にくるぞ~。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/9/29 19:14
左翼洗脳教育 
連投します。すみません。

知ってますか?中国に侵略された東トルキスタンという国を
http://blogs.yahoo.co.jp/butsee8857/36780534.html
     ↑
こういう事実を隠しておいて、
中学生に中国人との表面上の交流をさせ、中国の体裁のいい観光地に行かせ、そして、その中学生は中国をいい国だと誤解する・・・

それが、教育なのか?大いに疑問です。
中国のイメージアップに努める【日本PTA全国協議会】は許せない。
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012/10/2 7:48
ゲストさん 
すみません。連投します。

日本PTAのHPに「少年少女の翼」ってどこにも宣伝してないやん!と思ったら、ありました。

「少年少女の翼」は、昭和60年からの伝統のメイン行事なのに、よくよくHPを見ないと分からないようなところに書いてある。

社団法人にした動機は、日中友好事業をしたかったからなのか!?

日本PTAのばーか。
くだらない事業やめて、即刻解散を。


=参考=
第2節 日本PTA全国協議会の新たな活動の展開
http://www.nippon-pta.or.jp/ayumi/thesis/chapter4_2_2.html
第2節 日本PTA全国協議会の新たな活動の展開
2. 公益事業の展開
(1)日中友好「少年少女の翼」

社団法人設立を契機に公益事業第1号として企画されたのが、日中友好「少年少女の翼」事業であった。 昭和60年(1985)10月理事会で派遣を決定し、翌年3月、全国地方協議会から推薦の男女中学生58名が北京に向けて出発した。 派遣の人員は、第2回以降中学2年生120名となった。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ